I'm maywaying !!

〜めいうぇい成長中〜

生きづらい、傷つきやすいと感じやすい人と、HSPという言葉。


スポンサーリンク

 
どうも、めいうぇいです。
 
あなたは生まれてから今まで、自分の居場所がないと感じたり、人と長時間一緒にいるのがキツかったり、何に対しても敏感に反応してしまうところはありませんか?
 
それはもしかしたら、HSPという気質が原因かもしれません。
 
 

傷つきやすい?それはHSPのせいかも

 
先日、本屋さんで偶然HSPに関する本を手に取り、そこで初めてHSPという言葉を知りました。
 

f:id:maywaykun:20170820225356j:plain

 
HSPとは、Highly Sensitive Personの略です。直訳すると、「とても敏感な人」となります。
 
イルセ・サン『鈍感な世界に生きる敏感な人たち』によると、
 
HSPとはアメリカの精神分析医で学者のエイレン・アーロン博士によって提唱された概念で、
人口の約15〜20%がこの気質を持ち合わせているそうです。
 
その特徴は、「良心的」「創造的」「インスピレーションを得やすい」「感情移入しやすい」など、感受性が強すぎるが故に他の人よりも刺激を受けやすい傾向にあるようです。
ストレスをためやすく、比較的うつやその他の精神病にもかかりやすい傾向があるようです。
 
 
 
上記の本を買えば診断テストができますが、この記事に同じものがありました。
 
 
(リンク失礼します。)
 

僕もおそらくHSPだった

 
僕も上記の本で診断した結果、がっつりHSPの気質があるように思い、驚いています。
 
銀行員時代も、現在も、仕事をする上で誰かの視線が気になって緊張してしまったり、プレッシャーに弱かったりして、全く仕事になりません。
 
転職はしてよかったと思っていますが、自分にはそもそも営業職が向いていなかったのだ、とひしひしと感じています。
 
最近は休職する直前と同じ症状が出てきています(消化不良、吐き気など)。
 
なんでこんなに打たれ弱いんだろう、社会不適合者なのかもしれない、などとずっと考えてきました。
 
しかし、最近この概念に出会い、考えが変わりつつあります。
 
最初に感じたのが、自分と同じような悩みを抱えている人間がいることに対する安心感です。
 
僕は一人の時間がないとダメな人間で、集団行動はもちろん苦手、少人数で遊んでいる時もひっそり抜けてしばらくぼーっとしてたり、彼女といるときすら長時間一緒にいると一人になりたいと思ってしまいます。
 
HSPは元来その傾向にあるらしく、他人の感情を読み取るのが得意なので、些細な変化も情報として入ってくるせいで、空気を読むことは得意なものの、大量の情報が入ってくることで疲れやすくなり、一人の時間を持つことでリセットしているようです。
 
他にも敏感過ぎるが故の悩みが共感できるものばかりで、少し勇気を持つことができました。
 
また、HSPも悪いところばかりではなく、敏感さを生かすことのできる環境を選べば他の人より優れた成果を出すことができるそうです。

HSPは病気ではなく気質。せっかくの才能なので、うまく生かす方向に持っていくことが重要

 
ずっと悩んでいた自分の性格の問題に対する一つの答えが出たような気がして、希望を持てるようになりました。
 
正直今の仕事も長くは続きそうにないので、HSP気質も考慮に入れて自分に向いている仕事とは何なのか、考えていきたいと思います。
 
それでは!!