I'm maywaying !!

〜めいうぇい成長中〜

「電力自由化」覚えてる?今やっている新電力というお仕事について


スポンサーリンク

どうも、めいうぇいです。

 

たまにはというか、せっかく会社員としてブログ書いてるので、今いる会社でやっているお仕事についてアウトプットしていきたいと思います。

 

 

 

「電力自由化」と新電力

 

「電力自由化」って言葉が一時期話題になったの、覚えてますか?

 

地域電力会社以外のところからも電気が買えるようになるっていうアレです。

 

詳しくはこちらを↓

電力の小売全面自由化って何?|電力小売全面自由化|資源エネルギー庁

 

って言っても普通見ないんで上のサイトから引用しておきますね(笑)

 

これまで家庭や商店向けの電気は、各地域の電力会社(東京電力、関西電力等)だけが販売しており、家庭や商店では、電気をどの会社から買うか選ぶことはできませんでした。

2016年(平成28年)4月1日以降は、電気の小売業への参入が全面自由化され、家庭や商店も含む全ての消費者が、電力会社や料金メニューを自由に選択できるようになりました。 
つまり、ライフスタイルや価値観に合わせ、電気の売り手やサービスを自由に選べるようになったのです。 

 

てことで、他の電力会社から電気を購入できるようになったのです。

 

これ、2016年の4月から始まったように見えますが、それは低圧と言って一般家庭や事務所など、比較的小規模な建物の電気の自由化の話で、

 

実はそれ以前から高圧、特別高圧と言った大規模な施設における自由化はそれ以前から始まっていて、やっているところはかなり前からやっているところもあるようです。

 

僕は現在、この電力自由化によって出てきた新電力会社(地域電力会社以外の電力会社のことを、新電力とよびます)で、法人営業をしています。

 

なんで安くできるの?

 

新電力は基本的には、というか絶対にもともとの電力会社が出している値段より安い価格で提案してきます。

 

なぜ安い価格で電気を提供することができるのかわかりますか?

 

僕は最初全然理解できませんでした。笑

 

答えにいきましょう。

 

電力会社は基本、自分のエリア内ならどんな場所でも確実に電気を届けなければいけません。

 

中には圧倒的に黒字になる場所もあれば、採算が合わないような場所(例えば離島など)にも確実に電気を供給する義務があります。

 

それに電力会社が潰れ、電線が使えなくなったら相当困るので、電力会社はどこに電気を届けても間違いなく黒字になる料金設定で電気を売り、安定供給を維持する必要があります。

 

これを総括原価方式といいます。

 

一方、新電力は安く提供できると思った相手だけを選び、ピンポイントで電気を供給できます。

 

だから新電力は地域電力会社よりも安く電気を提供することができるのです。

 

切り替えにかかる手間はほとんどない

 

大体どこの新電力も、見積もり自体は無料でやっているので、何社か出して一番安いところを選ぶのがベストかと思います。

 

契約書類が何枚かあるくらいで、そんなに面倒臭い手続きもありませんし、

 

電線は今まで使っていたものをそのまま使うので工事などの初期費用も一切かかりませんし、

 

こんなこと言うのはあれですが、万が一新電力会社が潰れたとしても、元の電力会社に戻るか、他の新電力に移ればいいだけの話なので、

 

変えられるところは絶対変えた方がいいと思います。

 

法人なんかは特にコスト削減のメリットが大きいと思います。

 

もし興味があったらコメントしてもらえたらこっそりめいうぇいから連絡がくるかもしれませんよ(笑)。

 

業界の裏話なども、そのうちここで書いていこうかと思います。笑

 

それでは!!